服務規律に関するQ&A

Q01.
就業規則に服務規律の記載は必要ですか?
Q02.
どのようなことを服務規律に定めたらよいですか?
Q03.
就業規則に服務規律を規定する際のポイントは何ですか?
Q04.
就業規則で競業避止義務を課すことはできますか?
Q05.
営業秘密を侵害された場合、どのような措置を求めることができますか?
Q06.
不正競争防止法で保護を受けられる一定の要件とは何ですか?
Q07.
なぜ秘密保持義務を明示しなければならないのですか?
Q08.
セクシャルハラスメント(セクハラ)とは何ですか?
Q09.
セクハラ防止のために配慮すべきことは何ですか?
Q10.
セクハラ防止の措置義務に違反した会社はどうなりますか?
Q11.
5~10分程度頻繁に遅刻する従業員に、どう対応したらよいですか?
Q12.
遅刻3回で1日欠勤という規定は、なぜ違法なのですか?
Q13.
従業員の遅刻を抑止するよい方法はありますか?
Q14.
病気で常習的に欠勤する従業員に、どう対応したらよいですか?
Q15.
仮病で頻繁に欠勤する従業員に、どう対応したらよいですか?
Q16.
本当に病気で頻繁に欠勤する従業員に、どう対応したらよいですか?
Q17.
パワーハラスメント(パワハラ)とは何ですか?
Q18.
パワーハラスメント(パワハラ)を防止するには、どうしたらよい?
Q19.
茶髪、ピアス、口ひげ等を禁止できますか?


「会社を守る就業規則」徹底解説セミナー

今後の開催予定

2018/04/13(金) 満席 受付終了しました
2018/05/11(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00
2018/06/08(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナーの詳細

お役立ち教材

このページの先頭へ