労働時間に関するQ&A

「手待時間」は労働時間でしょうか?

Answer

労働基準法が規制している「労働時間」とは、「休憩時間」を除いた時間であり、現に労働させる時間、すなわち「実労働時間」となります。

この「実労働時間」には、現実に作業をしている時間のみならず、作業と作業の間の待機時間である「手待時間」も含まれます。

「手待時間」と「休憩時間」は、一見似ているように見えますが、前者が使用者の指示があれば、直ちに作業に従事しなければならない時間として、その作業上の指揮監督下に置かれているのに対して、後者は、使用者の作業上の指揮監督から離脱しており、労働者が自由に利用できる時間であるという点で異なります。

さらに、労働時間か否かの問題は、「手待時間」と「休憩時間」の区別だけではなく、外部研修への参加等の労働者の活動が、私的な活動なのか、使用者の業務への従事(この場合であれば労働時間になる)なのかをめぐっても生じることになります。

結局、「労働時間」とは「使用者の作業上の指揮監督下にある時間または使用者の明示または黙示の指示により、その業務に従事する時間」と定義されます。


→ 目からウロコの会社防衛ノウハウ満載! 無料メールセミナーはこちら


「会社を守る就業規則」徹底解説セミナー

今後の開催予定

2017/12/15(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00
2018/01/19(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00
2018/02/16(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナーの詳細

MENU  次へ

TOP

このページの先頭へ