労働時間に関するQ&A

就業規則に労働時間を規定するポイントは?

Answer

労働基準法は、実労働時間主義の取扱いとなっています。

すなわち、形式的な労働時間ではなく、実際に何時間労働したかを判断の基本に据えようということです。

この考え方をベースとすると、遅刻をしても残業をすれば労働時間としてはつじつまを合わせることができる、ということになります。

したがって、就業規則に労働時間を規定する場合には、労働者から所定労働時間主義を主張されないように規定しておく必要があります。

ですから、「1日の所定労働時間は、○時間とする。」などという記載ではなく、「1日の実労働時間は、○時間とする。」というように記載し、実労働時間主義であることを明確にしておくことが重要です。


→ 目からウロコの会社防衛ノウハウ満載! 無料メールセミナーはこちら


「会社を守る就業規則」徹底解説セミナー

今後の開催予定

2017/12/15(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00
2018/01/19(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00
2018/02/16(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナーの詳細

前へ  MENU  次へ

TOP

このページの先頭へ