労働時間の規定のポイント

就業規則に労働時間を規定する際のポイントは何ですか?
労働基準法は、実労働時間主義です。そのため、就業規則に労働時間を規定する場合には、労働者から所定労働時間主義を主張されないように規定しておく必要があります。
人事労務管理の会員制情報提供サイト
アンカー・ネット
人事労務に役立つ書式や情報を無料でGETできます!

労基法は実労働時間主義

労働基準法は、実労働時間主義を採用しています。

すなわち、形式的な労働時間ではなく、実際に何時間労働したかを管理しようということです。

この考え方をベースとすると、遅刻をしても終業時刻後も働けば所定労働時間分働いた、ということになります。

実労働時間主義を明確にする

就業規則に労働時間を規定する場合には、労働者から所定労働時間主義を主張されないように規定しておく必要があります。

したがって、「1日の所定労働時間は、○時間とする。」などではなく、「1日の実労働時間は、○時間とする。」というように記載し、実労働時間主義であることを明確にしておくことが重要です。

就業規則講座のカテゴリー
作成・手続 構成・総則 採用・試用 人事制度
退職・解雇 服務規律 労働時間 休日
有給休暇 賃金 安全衛生 懲戒・賠償

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナー

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナー

竹内社労士事務所の代表である竹内が、最新の法改正や労働事情を踏まえ、2021年度版に改訂した最強の就業規則をベースに、法的根拠やトラブル事例、判例などを豊富に交え、会社を守るポイントをわかりやすく解説します。

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナー開催予定

2021/08/06(金)受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00 空有
2021/09/10(金)受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00 空有

就業規則セミナー
就業規則マニュアル(正社員用)
就業規則マニュアル(非正規社員用)