労働時間に関するQ&A

「所定労働時間」と「実労働時間」の違いは何ですか?

Answer

「所定労働時間」とは、就業規則で会社が定めた時間のことであり、「実労働時間」とは、従業員が実際に働いた時間のことをいいます。

目 次

  • 時間外労働の起算点
  • 所定労働時間主義
  • 実労働時間主義

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナー

今後の開催予定

2018/07/13(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00
2018/08/03(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナーの詳細

お役立ち教材

時間外労働の起算点

労働時間を管理するにあたり、時間外労働の起算点が、どの時点からなのかということは、大きな問題となります。

時間外労働の起算点の考え方には、「所定労働時間主義」と「実労働時間主義」の2つがあります。


所定労働時間主義

所定労働時間とは、就業規則で会社が定めた時間のことであるため、「所定労働時間主義」とは、労働契約上の形式的な労働時間規定をベースとして時間外労働を取り扱う方法のことをいいます。

実労働時間が何時間であろうと、始業時刻より前の労働を「早出残業」として時間外労働扱いし、終業時刻より後の労働を「残業時間」として取り扱うことになります。


実労働時間主義

一方、実労働時間とは、従業員が実際に働いた時間のことをであり、「実労働時間主義」とは、実際の労働時間を基準に時間外労働の取り扱うという考え方です。

したがって、始業時刻以前に労働したとしても、その分の時間を早退した場合は、時間外労働として扱いません。


前へ  MENU  次へ

TOP


「会社を守る就業規則」徹底解説セミナー

今後の開催予定

2018/07/13(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00
2018/08/03(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナーの詳細

お役立ち教材

このページの先頭へ