就業規則全般に関するQ&A

Q01.
就業規則とは何ですか?
Q02.
なぜ就業規則を作成しなければならないのですか?
Q03.
就業規則を作成するメリットは何ですか?
Q04.
就業規則と法令等はどちらが優先されますか?
Q05.
就業規則を運用する際に、注意することは何ですか?
Q06.
実態が就業規則と異なっているときは、どうすればよいですか?
Q07.
どのような事業場で就業規則を作成する義務があるのですか?
Q08.
誰が就業規則を作成し、どこへ届け出るのですか?
Q09.
就業規則を作成・届出する使用者とは、どう数えるのですか?
Q10.
就業規則には、どのようなことを書かなければならないのですか?
Q11.
就業規則に記載する事項とは何ですか?
Q12.
絶対的必要記載事項とは何ですか?
Q13.
相対的必要記載事項とは何ですか?
Q14.
任意記載事項とは何ですか?
Q15.
どのような流れで就業規則を作成すればよいですか?
Q16.
労働基準監督署に届け出る前にすべきことはありますか?
Q17.
就業規則の意見聴取とは、何を意味するのでしょうか?
Q18.
届け出る際に労働者の同意は必要ですか?
Q19.
就業規則について誰に意見を聴けばよいのですか?
Q20.
どのように意見聴取のための過半数代表者を選出すればよいですか?
Q21.
過半数代表者は、各部門で選出しなければならないのですか?
Q22.
就業規則の届出とは、何を意味するのですか?
Q23.
どのように労働基準監督署へ届け出ればよいのでしょうか?
Q24.
届け出た就業規則は誰が確認するのですか?
Q25.
直接労基署へ出向むく場合と郵送で届け出る場合の違いはありますか?
Q26.
法令を下回る部分も、労基署の受理印があれば有効ですか?
Q27.
どのように「周知」すればよいのでしょうか?
Q28.
就業規則の周知には、どのような効果がありますか?
Q29.
就業規則の効力は、どうすれば発生するのですか?
Q30.
どのように記載事項を構成すればよいですか?
Q31.
どのように条文を構成すればよいですか?
Q32.
就業規則の複雑化を防ぐには、どのような方法がありますか?
Q33.
どのような内容を総則に定めたらよいですか?
Q34.
どのように目的条文を定めたらよいですか?
Q35.
どのように適用範囲を定めたらよいですか?
Q36.
非正規雇用者の就業規則を作成する際に、注意することは何ですか?
Q37.
就業規則を変更する際に、注意することは何ですか?
Q38.
就業規則の不利益変更を行う際の合理性とは何ですか?
Q39.
不利益変更の合理性は、どのように判断されますか?
Q40.
変更した就業規則は、いつから有効ですか?


「会社を守る就業規則」徹底解説セミナー

今後の開催予定

2018/07/13(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00
2018/08/03(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナーの詳細

お役立ち教材

このページの先頭へ