就業規則変更の合理性の判断

不利益変更の合理性は、どのように判断されますか?
就業規則は合理的な理由があれば変更できます。だたし、就業規則を不利益に変更することは原則として許されず、特に賃金、退職金等の労働条件については、高度の必要性に基づいて合理的か否か判断されます。
人事労務管理の会員制情報提供サイト
アンカー・ネット
人事労務に役立つ書式や情報を無料でGETできます!

就業規則の不利益変更

賃金の引き下げは、労働条件の不利益変更、一般的には就業規則の不利益変更として捉えられています。

賃金規定は、就業規則の一部であり、重要な労働条件です。

会社が一方的に、労働者の不利益に就業規則を変更することは、原則として許されません

合理性の判断要素とは?

そこで、就業規則の変更がどのような場合に合理性を有するかということになります。

具体的には、以下のような事項等を合理性の判断要素として、総合的に判断されます。

  1. 変更の必要性の程度
  2. 変更によって労働者が被る不利益の程度・内容
  3. 不利益変更を避ける努力をしたか
  4. 変更後の就業規則の内容自体の相当性、同業他社・他産業との比較などからみた社会的妥当性
  5. 不利益を被らせる代わりにどのような代償措置を設けたか
  6. 労働者代表(労働組合)とどのような話し合いをしたか
  7. 経過措置の有無・内容

また、就業規則が一度変更されると、個々の労働者はこれに従う義務を負います。

不利益変更にかかる裁判例

新たな就業規則の作成又は変更によって、既得の権利を奪い、労働者に不利益な労働条件を一方的に課することは、原則として、許されないと解すべきであるが、労働条件の集合的処理、特にその統一的かつ画一的な決定を建前とする就業規則の性質からいって、当該規則条項が合理的なものである限り、個々の労働者において、これに同意しないことを理由として、その適用を拒否することは許されない。

就業規則講座のカテゴリー
作成・手続 構成・総則 採用・試用 人事制度
退職・解雇 服務規律 労働時間 休日
有給休暇 賃金 安全衛生 懲戒・賠償

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナー

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナー

竹内社労士事務所の代表である竹内が、最新の法改正や労働事情を踏まえ、2021年度版に改訂した最強の就業規則をベースに、法的根拠やトラブル事例、判例などを豊富に交え、会社を守るポイントをわかりやすく解説します。

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナー開催予定

2021/11/12(金)受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00 空有
2021/12/10(金)受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00 空有


就業規則セミナー
就業規則マニュアル(正社員用)
就業規則マニュアル(非正規社員用)

オンライン動画「会社を守る就業規則」徹底解説セミナーのご視聴方法

社長を守る会の方は、「アンカー・ネット」会員マイページにログイン
するだけで、すべてのコンテンツを、購入することなくご利用になれます。


社長を守る会以外で会員マイページをお持ちの方は、
下のボタンからログインして、オンライン動画のご購入とご視聴が可能です。

会員ログインして購入

当サイトで初めてご購入される方会員マイページをお持ちでない方は、
最初に、下のボタンから無料会員登録を行ってください。

会員登録後、上のボタンまたは会員マイページ内からご購入いただけます。

新規会員登録して購入