就業規則の効力発生要件

就業規則の効力は、どうすれば発生するのですか?
意見聴取(労働基準法第90条)、労働者への周知(同法第106条)、監督官庁への届け出(同法第89条)が必要です。
人事労務管理の会員制情報提供サイト
アンカー・ネット
人事労務に役立つ書式や情報を無料でGETできます!

就業規則の効力発生の要件

就業規則が有効に効力を発生するには、意見聴取(労働基準法第90条)労働者への周知(同法第106条)監督官庁への届け出(同法第89条)が必要です。

意見聴取、届出、および周知のいずれの要件も満たす必要があるのか、あるいは周知だけで良いのかについては、さまざまな意見があります。

少なくとも、不利益変更や、新規に不利益労働条件を創設する場合には、周知のみではなく、意見聴取および届出という手続きが必要です。

就業規則の周知方法

なお、労働者への周知は、常時各作業場の見やすい場所に、就業規則のほか、労働基準法および同法による命令を掲示するか、または備え付ける等の方法があります。

トラブルを防ぐには、労働者がいつでも確認できる状態にしておくことが重要です。

就業規則講座のカテゴリー
作成・手続 構成・総則 採用・試用 人事制度
退職・解雇 服務規律 労働時間 休日
有給休暇 賃金 安全衛生 懲戒・賠償

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナー

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナー

竹内社労士事務所の代表である竹内が、最新の法改正や労働事情を踏まえ、2021年度版に改訂した最強の就業規則をベースに、法的根拠やトラブル事例、判例などを豊富に交え、会社を守るポイントをわかりやすく解説します。

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナー開催予定

2021/07/09(金)受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00 空有
2021/08/06(金)受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00 空有
2021/09/10(金)受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00 空有

就業規則セミナー
就業規則マニュアル(正社員用)
就業規則マニュアル(非正規社員用)