就業規則全般に関するQ&A

就業規則の効力は、どうすれば発生するのですか?

Answer

意見聴取(労働基準法第90条)、労働者への周知(同法第106条)、監督官庁への届け出(同法第89条)が必要です。

目 次

  • 効力発生の要件
  • 周知の方法

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナー

今後の開催予定

2018/12/07(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00
2019/01/18(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00
2019/02/08(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナーの詳細

お役立ち教材

効力発生の要件

就業規則が有効に効力を発生するには、意見聴取(労働基準法第90条)労働者への周知(同法第106条)監督官庁への届け出(同法第89条)が必要です。

意見聴取、届出、および周知のいずれの要件も満たす必要があるのか、あるいは周知だけで良いのかについては議論が残るところでありますが、不利益変更や、新規に不利益労働条件を創設する場合には、周知のみではなく、意見聴取および届出という手続が必要です。


周知の方法

なお、労働者への周知は、常時各作業場の見やすい場所に、就業規則のほか、労働基準法および同法による命令を掲示するか、または備え付ける等をして、労働者がいつでも確認できる状態にしておくことが、トラブルを防ぐ方法です。


前へ  MENU  次へ

TOP

このページの先頭へ