就業規則全般に関するQ&A

どのように労働基準監督署へ届け出ればよいのでしょうか?

Answer

「就業規則(変更)届」、「意見書」、規程類を2部ずつ届出し、受理印を押されて、1部が返却されます。

目 次

  • 労基署への届出手順

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナー

今後の開催予定

2018/04/13(金) 満席 受付終了しました
2018/05/11(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00
2018/06/08(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナーの詳細

お役立ち教材

労基署への届出手順

就業規則を作成し、過半数代表者を選出して意見を聞いたら、意見を記した書面(署名、または記名押印が必要)を添付して、所轄の労働基準監督署長に届け出ます。

具体的には、「就業規則(変更)届」という届出様式に、「意見書」、および届出する規程類を添付し、これらを2部ずつ作成します。

届出は、実際に所轄の労働基準監督署に出向かなくても、郵送でも受け付けていますが、郵送で届け出する場合には、返信用の封筒を同封するように求められます。

就業規則を届け出ると、意見書が添付されているか、就業規則の内容が法令違反ではないか等の確認を行い、明白な法令違反がある場合を除き、通常は受理され、届け出をした2部のうち1部が、会社の控えとして受理印を押印の上、返却されます。これで、就業規則の作成・届け出手続きは完了です。


前へ  MENU  次へ

TOP

このページの先頭へ