就業規則全般に関するQ&A

直接労基署へ出向むく場合と郵送で届け出る場合の違いはありますか?

Answer

労働基準監督署に就業規則を届出する方法は、直接出向く方法と、郵送による方法がありますが、急ぐときは直接出向く方がよいでしょう。

目 次

  • 直接の届出と郵送による届出

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナー

今後の開催予定

2018/11/09(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00
2018/12/07(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00
2019/01/18(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナーの詳細

お役立ち教材

直接の届出と郵送による届出

実際に労働基準監督署に出向いて届出する場合には、その場で受理印を押印、返却となり、その後、就業規則の内容に法令違反が見つかった場合に連絡が来るという形態が通常です。

一方、郵送で届出を行うと、返送されるまでに1週間ほどかかります。4月は労基署の繁忙期のため、1ヶ月ほどかかることもあります。

時には、返送されるまでに想定より時間がかかることもあるでしょうから、郵送で届出を行う場合は、ゆとりを持って段取りをすることが必要です。もし、受理印のある就業規則が早急に必要であれば、実際に労働基準監督署へ出向いて届出した方がよいでしょう。


前へ  MENU  次へ

TOP

このページの先頭へ