就業規則の優先順位

就業規則と法令、労働協約、労働契約はどのような関係性ですか?
法令(強行法規)>労働協約>就業規則>労働契約、という優先順位になります。
人事労務管理の会員制情報提供サイト
アンカー・ネット
人事労務に役立つ書式や情報を無料でGETできます!

事業場の最低労働条件の設定

就業規則の優先順位は、以下の通りです。

法令(強行法規)>労働協約>就業規則>労働契約

まず、労働協約、就業規則、労働契約が、最低限の基準を定めた労働基準法以下の内容なら、労働基準法の規定が優先適用されます

そして、労働協約は就業規則に優先します。(労働基準法第92条)
就業規則は使用者が一方的に作成するのに対し、労働協約は使用者と労働組合が対等の立場で取り決めたものだからです。
したがって、労働協約に違反する就業規則や労働契約は、その部分が無効となります。

また、就業規則で定める基準に達しない労働契約は、その部分については無効となります。(労働基準法第93条)
この場合において、無効となった部分は、就業規則で定める基準にとってかわります。

労働基準法第93条は、就業規則の労働条件基準が労働契約で定める労働条件を上回るときだけに適用されます。
そのため、就業規則の基準以上の労働条件を定める労働契約は、その部分についてはそのまま有効です。

適用順序の具体例は?

たとえば、就業規則ではパートタイマーの賃金を時給1,500円としておきながら、個別に締結した労働契約書や労働条件通知書では時給1,200円としていた場合はどうでしょうか。

就業規則で定める基準に達しない労働契約は、その部分については無効になり、無効となった部分は、就業規則で定める基準にとってかわります。

したがって、たとえそのパートタイマーが時給1,200円で合意していたとしても、就業規則を制定していることによって、時給1,500円の契約を締結したのと同じことになります。

逆に、就業規則では時給1,500円としたが、個々の労働契約書では時給1,700円とした場合では、この契約内容が「就業規則で定める基準」に達しでいるので、1,700円の合意は有効です。

就業規則の優先順位に関する裁判例

試用期間を2ヶ月と定める就業規則がある場合、この定めは労働基準法第93条の労働条件に含まれ、試用期間を1年とする労働契約はこの労働条件より不利なものであるから、2ヶ月を超える部分は無効である。

私立大学教授の定年につき、就業規則上の定めより有利な特約がなされている場合、就業規則の変更は、右特約の効力に影響を及ぼさない。

就業規則講座のカテゴリー
作成・手続 構成・総則 採用・試用 人事制度
退職・解雇 服務規律 労働時間 休日
有給休暇 賃金 安全衛生 懲戒・賠償

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナー

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナー

竹内社労士事務所の代表である竹内が、最新の法改正や労働事情を踏まえ、2021年度版に改訂した最強の就業規則をベースに、法的根拠やトラブル事例、判例などを豊富に交え、会社を守るポイントをわかりやすく解説します。

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナー開催予定

2021/10/08(金)受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00 空有
2021/11/12(金)受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00 空有
2021/12/10(金)受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00 空有


就業規則セミナー
就業規則マニュアル(正社員用)
就業規則マニュアル(非正規社員用)

オンライン動画「会社を守る就業規則」徹底解説セミナーのご視聴方法

社長を守る会の方は、「アンカー・ネット」会員マイページにログイン
するだけで、すべてのコンテンツを、購入することなくご利用になれます。


社長を守る会以外で会員マイページをお持ちの方は、
下のボタンからログインして、オンライン動画のご購入とご視聴が可能です。

会員ログインして購入

当サイトで初めてご購入される方会員マイページをお持ちでない方は、
最初に、下のボタンから無料会員登録を行ってください。

会員登録後、上のボタンまたは会員マイページ内からご購入いただけます。

新規会員登録して購入