就業規則は会社の憲法!

就業規則とは、会社にとってどのようなものなのでしょうか?

→ 会社が収益を確保し、存続するために維持するべき企業秩序を、統一的・画一的に明文化したルールです。

目 次

  • 就業規則とは

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナー

今後の開催予定

2017/12/15(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00
2018/01/19(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00
2018/02/16(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナーの詳細

→ 目からウロコの会社防衛ノウハウ満載! 無料メールセミナーはこちら


就業規則とは

会社という組織は、色々な人の集合体です。

色々な人が集まれば、価値観や考え方は十人十色ですが、各々が自身の価値観や考え方に基づいて勝手な行動をしたら、組織としての会社がどうなるかは火を見るより明らかです。

もちろん様々な価値観や考え方を持っていて当たり前だと思いますが、会社は組織ですから、そこで働く従業員は、周囲と協力して誠実に労務提供を行うことを求められます。

これらが実現できなければ、事業の収益確保はおろか、事業の存続さえも危ぶまれます。

会社は、そこで働く従業員とその家族の生活を支えるために、事業を存続させ、収益を上げることが第一の目的です。

そのため、個人の固有の価値観や考え方はさておき、労使間や従業員間のトラブルを防止し、企業秩序を維持するためにルール(主として服務規律と懲戒)を定めることは、会社経営上、極めて重要な役割を持っています。

そのルールが就業規則であり、労働者の労働条件や遵守すべき企業秩序を、統一的・画一的に明文化したルールなのです。

国が国民の権利や義務を憲法で定めているのと同様に、就業規則は会社と労働者の双方が遵守しなければならない会社の憲法なのです。


前へ  次へ

このページの先頭へ