労働時間に関するQ&A

フレックスタイム制の「対象労働者の範囲」に、制限はありますか?

Answer

フレックスタイム制の対象者は、全労働者の他、特定の職種の労働者、個人ごと、課ごと、グループごと等、様々な範囲も考えられます。

目 次

  • フレックスタイム制の「対象労働者の範囲」

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナー

今後の開催予定

2018/10/12(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00
2018/11/09(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00
2018/12/07(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナーの詳細

お役立ち教材

フレックスタイム制の「対象労働者の範囲」

「全労働者」あるいは「特定の職種の労働者」と定めることができます。

また、個人ごと、課ごと、グループごと等、様々な範囲も考えられます。

ただし、制度の性格上、たとえば、受付窓口や警備などの、勤務時間を厳守する必要のある職務に従事する者や、精・皆勤手当を支給している業務に従事する労働者には、フレックスタイム制は馴染まないでしょう。


前へ  MENU  次へ

TOP

このページの先頭へ