労働時間に関するQ&A

1年単位の変形労働時間制の労使協定の有効期間はどう定めたらよい?

Answer

1年単位の変形労働時間制の労使協定の有効期間は、対象期間と同じ1年程度とすることが望ましいでしょう。

目 次

  • 労使協定の有効期間

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナー

今後の開催予定

2018/02/16(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00
2018/03/09(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナーの詳細
お役立ち教材

労使協定の有効期間

1年単位の変形労働時間制を採用するための、労使協定の有効期間は、対象期間より長い期間とする必要があります。

1年単位の変形労働時間制を適切に運用するためには、対象期間と同じ1年程度とすることが望ましいでしょう。

対象労働者の範囲、対象期間及び起算日、特定期間、労働日及び労働日ごとの労働時間、労使協定の有効期間を、労使協定として締結し、労働基準監督署へ届出することによって、1年単位の変形労働時間制を採用することができます。


前へ  MENU  次へ

TOP

このページの先頭へ