労働時間に関するQ&A

フレックスタイム制で労働時間の過不足を繰り越すことは可能か?

Answer

実際に労働した時間が、清算期間における総労働時間として定められた時間に比べ、過不足が生じた場合には、清算期間内で労働時間、及び賃金を清算することが原則です。

労働基準法第24条(賃金の全額払いの原則)に反しない限りにおいては、次の清算期間に繰り越すことも可能です。

しかし、実際の労働時間に過剰があった場合、あらかじめ定められた労働時間分は、その期間の賃金支払日に支払うが、それを超えて働いた時間分については次の清算期間中の総労働時間の一部に充当するという方法は、その清算期間内における労働の対価の一部がその期間の賃金支払日に支払われないことになり、労働基準法第24条に違反します。

つまり、超過した勤務時間を翌月に繰り越して、翌月の所定労働時間を短くするという取り扱いはできないということになります。

一方、実際の労働時間に不足があった場合、定められた時間に達しない時間分を次の清算期間中の総労働時間に上積みして労働させることは、法定労働時間の総枠の範囲内である限り、前の清算期間内において実際の労働時間に対するより多い賃金を支払い、次の清算期間でその分の賃金の過払分を清算するものと考えられますので、労働基準法第24条に違反するものではないということになります。


→ 目からウロコの会社防衛ノウハウ満載! 無料メールセミナーはこちら


「会社を守る就業規則」徹底解説セミナー

今後の開催予定

2017/12/15(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00
2018/01/19(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00
2018/02/16(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナーの詳細

前へ  MENU  次へ

TOP

このページの先頭へ