労働時間に関するQ&A

フレックスタイム制の労働者の労働時間を把握しなければなりませんか?

Answer

フレックスタイム制であっても、使用者には労働時間の把握義務があり、各労働者の各日に労働時間の把握をきちんと行わなければなりません。

目 次

  • 実労働時間は把握しなければならない

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナー

今後の開催予定

2018/11/09(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00
2018/12/07(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00
2019/01/18(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナーの詳細

お役立ち教材

実労働時間は把握しなければならない

フレックスタイム制は、始業・終業時刻が労働者に委ねられている制度ですが、労働者が何時間働いたのかが分からないということでは、実労働時間の算定ができませんので、時間外手当の計算もできませんし、健康障害の予防という観点からも適切ではありません。

したがって、フレックスタイム制を採用する場合であっても、使用者には労働時間の把握義務があり、各労働者の各日に労働時間の把握をきちんと行わなければならないことに変わりありません。(昭和63.3.14 基発150号)


前へ  MENU  次へ

TOP

このページの先頭へ