フレックスタイム制の労働時間把握義務

フレックスタイム制の従業員の労働時間を把握しなければなりませんか?
フレックスタイム制でも、会社には労働時間の把握義務があります。各従業員の各日の労働時間をきちんと把握しなければなりません。
人事労務管理の会員制情報提供サイト
アンカー・ネット
人事労務に役立つ書式や情報を無料でGETできます!

実労働時間は把握しなければならない

フレックスタイム制は、始業・終業時刻の決定が労働者に委ねられている制度です。

委ねているのは始業時刻と終業時刻の決定のみであり、会社が労働時間を把握しなくてよいというわけではありません。

フレックスタイム制を採用する場合であっても、会社には労働時間の把握義務があります。
各従業員の各日の労働時間をきちんと把握しなければなりません。(昭和63.3.14 基発150号)

なぜなら、従業員が何時間働いたのかを把握していなければ、実労働時間の算定ができないからです。

また、フレックスタイム制だから時間外労働に対する割増賃金を支払わなくてもよいということでもありません。
時間外手当の計算のためにも、実労働時間の把握は必要です。

労働時間を把握する方法

労働時間の把握は、原則、厚生労働省のガイドラインの方法で行います。

始業・終業時刻の確認及び記録の原則的な方法
使用者が始業・終業時刻を確認し、記録する方法としては、原則として次のいずれかの方法によること。
  • 使用者が、自ら現認することにより確認し、適正に記録すること。
  • タイムカード、ICカード、パソコンの使用時間の記録等の客観的な記録を基礎として確認し、適正に記録すること。

さらに、労働安全衛生法においても、従業員の健康管理のため、会社は労働時間の状況を把握しなければならないとされています。(労働安全衛生法第66条の8の3)

実労働時間を把握しないことは、従業員の健康障害の予防という観点からも適切ではありません。

就業規則講座のカテゴリー
作成・手続 構成・総則 採用・試用 人事制度
退職・解雇 服務規律 労働時間 休日
有給休暇 賃金 安全衛生 懲戒・賠償

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナー

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナー

竹内社労士事務所の代表である竹内が、最新の法改正や労働事情を踏まえ、2021年度版に改訂した最強の就業規則をベースに、法的根拠やトラブル事例、判例などを豊富に交え、会社を守るポイントをわかりやすく解説します。

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナー開催予定

2021/11/12(金)受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00 空有
2021/12/10(金)受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00 空有


就業規則セミナー
就業規則マニュアル(正社員用)
就業規則マニュアル(非正規社員用)

オンライン動画「会社を守る就業規則」徹底解説セミナーのご視聴方法

社長を守る会の方は、「アンカー・ネット」会員マイページにログイン
するだけで、すべてのコンテンツを、購入することなくご利用になれます。


社長を守る会以外で会員マイページをお持ちの方は、
下のボタンからログインして、オンライン動画のご購入とご視聴が可能です。

会員ログインして購入

当サイトで初めてご購入される方会員マイページをお持ちでない方は、
最初に、下のボタンから無料会員登録を行ってください。

会員登録後、上のボタンまたは会員マイページ内からご購入いただけます。

新規会員登録して購入