コアタイムとフレキシブルタイム

フレックスタイム制のコアタイムとフレキシブルタイムとは何ですか?
コアタイムとは、必ず労働しなければならない時間帯であり、フレキシブルタイムとは、労働者がその選択により労働できる時間帯をいいます。
人事労務管理の会員制情報提供サイト
アンカー・ネット
人事労務に役立つ書式や情報を無料でGETできます!

フレックスタイム制のコアタイム

フレックスタイム制を採用するにあたり、コアタイムとフレキシブルタイムを設ける場合には、就業規則と労使協定に定めなければなりません。

まず、コアタイムとは、労働者が必ず労働しなければならない時間帯のことをいいます。

コアタイムを定める場合は、その時間帯の開始・終了の時刻を明確にしておかなければなりません。

ただし、設定したコアタイムが、標準となる1日の労働時間の長さとほぼ一致するような場合には、始業・終業時刻について労働者の決定に委ねたとはいえなくなると解されています。

また、フレックスタイム制は、始業・終業の時刻を労働者の決定に委ねるものですから、基本的に遅刻や早退は生じません。
しかし、コアタイムを設けた場合は、その時間帯には必ず勤務している必要がありますので、遅刻や早退が生じることになります。

フレックスタイム制のフレキシブルタイム

つぎに、フレキシブルタイムとは、労働者がその選択により労働することができる時間帯をいいます。

コアタイム(労働者が労働しなければならない時間帯)とフレキシブルタイムの両方を設ける場合は、フレキシブルタイムは極端に短いものであってはなりません。(昭和61.1.1 基発1号)

なぜなら、フレキシブルタイムが極めて短い時間ならば「始業・終業の時刻を労働者の決定に委ねる」というフレックスタイムの主旨に反するからです。

就業規則講座のカテゴリー
作成・手続 構成・総則 採用・試用 人事制度
退職・解雇 服務規律 労働時間 休日
有給休暇 賃金 安全衛生 懲戒・賠償

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナー

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナー

竹内社労士事務所の代表である竹内が、最新の法改正や労働事情を踏まえ、2021年度版に改訂した最強の就業規則をベースに、法的根拠やトラブル事例、判例などを豊富に交え、会社を守るポイントをわかりやすく解説します。

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナー開催予定

2021/10/08(金)受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00 空有
2021/11/12(金)受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00 空有
2021/12/10(金)受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00 空有


就業規則セミナー
就業規則マニュアル(正社員用)
就業規則マニュアル(非正規社員用)

オンライン動画「会社を守る就業規則」徹底解説セミナーのご視聴方法

社長を守る会の方は、「アンカー・ネット」会員マイページにログイン
するだけで、すべてのコンテンツを、購入することなくご利用になれます。


社長を守る会以外で会員マイページをお持ちの方は、
下のボタンからログインして、オンライン動画のご購入とご視聴が可能です。

会員ログインして購入

当サイトで初めてご購入される方会員マイページをお持ちでない方は、
最初に、下のボタンから無料会員登録を行ってください。

会員登録後、上のボタンまたは会員マイページ内からご購入いただけます。

新規会員登録して購入