労働時間に関するQ&A

1年単位の変形労働時間制とは、どのような制度ですか?

Answer

1年単位の変形労働時間制とは、変形期間における1週あたりの平均所定労働時間が、1週の法定労働時間を超えないという定めをした場合においては、変形期間内の特定の週や日において、法定の労働時間を超えて、所定労働時間を設定できる制度です。

目 次

  • 1年単位の変形労働時間制とは

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナー

今後の開催予定

2018/11/09(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00
2018/12/07(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00
2019/01/18(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00
2019/02/08(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナーの詳細

お役立ち教材

1年単位の変形労働時間制とは

1年単位の変形労働時間制とは、変形期間(1ヶ月を超え1年以内)における1週あたりの平均の所定労働時間が、1週の法定労働時間(40時間)を超えないという定めをした場合においては、変形期間内の特定の週や日において、法定の労働時間(1週40時間・1日8時間)を超えて、所定労働時間を設定することができるという制度です。

具体的な導入のイメージとしては、夏季や冬季、あるいは年度末等に業務が集中するなど、業種等によって、1ヶ月を超えて、1年以内の期間において業務に繁閑の差がある場合には、その繁忙日や繁忙週の所定労働時間を延長し、その代わりに閑散日や閑散週の所定労働時間を短縮することによって、変形期間を平均した週の所定労働時間を40時間以内に収める様に設計することが考えられます。


前へ  MENU  次へ

TOP

このページの先頭へ