労働時間に関するQ&A

フレックスタイム制のコアタイムとフレキシブルタイムとは?

Answer

コアタイムとは、労働者が必ず労働しなければならない時間帯のことをいいます。

コアタイムは必ず設けなければならないものではありませんが、設けない場合(オールフレックス)は、従業員はいつでも自由に出社・退社できることになります。

コアタイムを定める場合は、その開始・終了の時刻を明確にしておかなければなりません。

コアタイムは必ず勤務すべき時間帯になりますから、コアタイムであれば「遅刻・早退・欠勤」の制度を設けることは可能です。

フレキシブルタイムとは、労働者がその選択により労働することができる時間帯をいいます。

コアタイム、フレキシブルタイムの両方を設ける場合は、フレキシブルタイムは極端に短いものであってはなりません(S61.1.1 基発1号)。

極めて短時間では、「始業・終業を労働者の決定に委ねる」というフレックスタイムの主旨に反するからです。


→ 目からウロコの会社防衛ノウハウ満載! 無料メールセミナーはこちら


「会社を守る就業規則」徹底解説セミナー

今後の開催予定

2017/09/08(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00
2017/10/13(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナーの詳細

前へ  MENU  次へ

TOP

このページの先頭へ