「会社を守る就業規則」徹底解説セミナー 2017年度版

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナー

セミナー開催予定

2017/11/17(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00
2017/12/15(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナーのお申し込み

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナー 2017年度版の概要

元祖「会社を守る就業規則」徹底解説セミナーは、5月開催分より通算12回目のリニューアルを経て、2017年度版へと生まれ変わりました。

特定社会保険労務士 竹内睦

初回開催の2006年4月から2017年4月までの11年間で、セミナー開催数は132回を数え、延べ1,580社、2,500人以上の企業経営者の皆様にご参加いただいております。

今回のリニューアルのコンセプトは、経営者の皆様や労務管理のご担当者に、就業規則への理解をより深めてもらうことです。

まずは労働形態や職種ごとの定義を明確にすることから始まり、採用、異動、高齢者雇用、労働者の義務、労働時間、服務規律、年次有給休暇など、労務管理を行う上で確実に理解しておきたいポイントについて、その根拠となる法律や判例を追加、整理して、よりわかりやすく参加者の皆様にお伝えいたします。

労務トラブルは、就業規則という会社のルールが曖昧で不明瞭なために発生することが多々あります。

また、一般的に正確でない情報が蔓延しており、間違いや勘違いのまま常識化されている部分があったりもします。

竹内社労士事務所では、細かい事案も含めると毎日50件を超える労務トラブルや労務管理に関する様々なご相談に対応しておりますが、やはりその中でも正しい情報を持ち合わせていない、間違いを正しいことと信じて労務管理を行っているケースなどが多く含まれています。

ですから、まずは就業規則に定めた条文の根拠や、会社と労働者のそれぞれの権利と義務を明確に理解していただくために、レジュメには参考となる条文や判例を追加し整理しました。

また、特典として進呈する2017年度の竹内社労士事務所の就業規則には、ストレスチェック実施細則や衛生委員会規程を追加すると共に、最近話題に上ることの多い労働時間の短縮や、SNSでのトラブル、副業に関することについて、条文を明確にしています。

他にも、服務規律を内定者にも適用させる条文や、割増賃金抑制のための起算日を考慮した条文など、細かいところにも手を加えています。

就業規則というものは、法改正や判例、労働事情の変化などの外的要因、または雇用形態や事業内容の変化、あるいは労働条件や労務管理のルール変更などの内的要因に応じて、常に自社の実態に合致した内容に、その都度見直しをして改訂しなければ、いざという時に役に立たないこともあります。

しかし、就業規則の改訂のタイミングというのは、それだけではありません。

前述したように、実際に発生したトラブルへの対応策として最大限考慮した条文をすべて公開しますので、御社の就業規則作成の参考としていただければ、予防の観点からかなり有効なのではないでしょうか。

『会社を守る就業規則』徹底解説セミナーでは、実際の労務トラブルへの対策や、想定されるトラブルを未然に防ぐ最新の情報を、わかりやすく徹底的に解説しますので、自社の就業規則をバージョンアップする新たな機会にしていただければと思います。

私がこのセミナーを開催する目的は、参加者自らの手で、一刻も早く会社を守る就業規則を作成してもらうことにあります。

ですから、これから就業規則を作成したい、労務トラブルを予防できる就業規則に見直したい、現在の法律に則って就業規則を改定したい等、会社を守る就業規則に改正するための最も効果的なセミナーを常に目指して、今年度も改良を重ねてきました。

これまでご参加いただいた皆様からも、「たいへんわかり易かった」「実例が参考になった」「実践的な内容だった」「資料がとても充実している」など、高い評価をたくさん頂きます。

しかし、わかりやすいからといって、初心者限定の浅い内容というわけではありません。参加者の3分の1は、同業の社会保険労務士の皆様です。

人事労務の専門家でないとわかり難い内容を、言葉は悪いですが素人の社長でもご理解いただけるよう、専門用語を使わず、わかり易く通訳し、具体的な事例を豊富に盛り込んでお伝えしています。

このセミナーに最近ご参加いただいた皆様からは、以下のような評価を頂いております。

最近のセミナー参加者からの評価

とてもわかりやすく、あっという間に終わってしまいました。
実務内容にすぐ反映できる内容ばかりで、とても参考になりました。
現状の就業規則が労務士任せで作成したものだが、法令改定や社会情勢に充分対応していない。
毎回学び深いセミナーでとても勉強になります。
踏み込んだ内容まで知ることができる貴重なセミナーでした。

その他のセミナー参加者の評価はこちらからご覧いただけます。

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナーのお申し込み

「会社を守る就業規則」作成セミナーの風景

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナーの内容

1.就業規則の作成と変更手続きの基礎知識
 1) 就業規則の意味
 2) 作成・届出手続き
 3) 記載事項
 4) 労働者の意見聴取手続き
 5) 周知手続き
 6) 労働関係諸法令と、就業規則および労働契約の関係

2.労働法のプロである手強い社員を統制する就業規則の作り方
 1) ひな形の1番危険な第1条に潜む落とし穴。ここだったのかその1行!
 2) 就業規則は、労働契約書。甲と乙は、誰と誰の契約か?
 3) 『労働条件の不利益変更』、3つの方法とトラブル回避のポイントとは?
 4) 『履歴書』と『面接』で、問題社員の共通点を見抜く質問はこれ!
 5) 『身元保証人』は、父母兄弟の他に誰を求めるか?その理由は?
 6) 『試用期間』の条文に追加したい2つのポイントとは?
 7) 『職種および勤務地の限定』、特約契約の間違いやすい運用とは?
 8) 『管理監督者』という人称は正しくない!こう解釈しよう。
 9) 『休職』制度は従業員の権利にしない。正しい人事権行使とは?
10) 『復職』時が一番もめる。その判断を行うのは誰?プロセスはこう定める!
11) 平成37年4月1日までの『60歳定年問題』の基本的解釈とは?
12) 『行方不明社員の退職手続き』で小さなミスが招いた30万円の損失?
13) 『合意』で始まった雇用契約は『合意』で終わることが一番大事!
14) 『普通解雇』、私が入れる2つの条文と削るポイントは?
15) 『服務規律』に定める、当社従業員の2つの行動規範は、陰と陽。
16) トラブル発生!当たり前に『始末書』を書かせるとこんなリスクが!
17) 迷わず『レッドカード』で即退場!在職させておくのはダメ!
18) 『二重就労禁止』の理由はこの2つ!副業の推進は本当に大丈夫?
19) 『プライバシー権』労務管理で会社が制限できる理由と根拠はこれ!
20) 最も多い労務問題『ハラスメント』の判断基準をスッキリ整理!
21) 週のスタートは日曜日!でも、土曜日スタートなら割増が減る?
22) 『未払い残業代』請求の元を断つ、タイムカードの使用目的と対策!
23) 従業員に『欠勤権』は存在しない!勘違いさせない明確な条文はこれ!
24) 『年次有給休暇』の当日申請は従業員の権利濫用!就業規則はこう書く!
25) 労働安全衛生法違反の指導は、従業員数別の3つの選任義務ともうひとつ!
26) 『定期健康診断』と再検査、違いはこんな規定で対応する!
27) 誰と和解する?『業務災害』から唯一会社を守るこの保険に加入せよ!
28) 『懲戒』処分を公表したい。名誉毀損を問われないための規定はこれ!
29) 『懲戒処分』はプロセスを重視する!大きく2区分、トータル5区分。
30) 懲戒規定とリンクした『改善指導書』『始末書』『解雇理由書』に何を書く?
31) 『雇用契約解消』に辿り着く違反事例。懲戒処分前の諸手順の定め方!
32) 『個人情報保護法』、従業員と顧客の2つの情報を管理する!
33) 『賃金構成』の肝となる基準内と基準外賃金の意味を知り、こう定める!
34) 『時間外・休日・深夜の割増賃金』は明確に!管理監督者へのポイントは?
35) 年間総額人件費で考え、『残業代』『賞与』『退職金』問題を解決する!
36) 『退職金』、退職理由は『定年』『自己都合』『会社都合』の3つで良いか?

先にも申し上げましたが、このセミナーの一番の目的は、ご自身の手で、 「会社を守る就業規則」を作り上げていただく、ことにあります。

1日という短い時間で、効率的に、より実践的な知識を身につけていただくには、サンプルとなる就業規則のがかなり重要になります。

竹内社労士事務所 代表 竹内睦

当事務所の社員は、労働法に精通した労使紛争解決のプロですから、そんな手強い社員を統制するために私が渾身の力を込めて作り上げ、毎年改訂を繰り返す当事務所の最強の就業規則をベースとして、第一条から順番に、法的な根拠やトラブル事例、判例などを交えて、会社を守るポイントをひとつずつ解説していきます。

もちろん、多くの業種業態に対応できる内容となっています。

さらに、就業規則を作成し、実際に運用していく中で、日々の労務管理に必要となる様々な書式等もすべてご提供いたします。

また、今年度もセミナー参加者には魅力的な4つの特典と保証をご用意しました。

セミナー参加者だけの魅力的な特典と保証

特典1、就業規則セミナーDVDを60%OFFの特別価格

「会社を守る就業規則」徹底解説DVD(2017年度版)を、通常販売価格5万円のところ、60%OFFの2万円でご提供いたします。

このDVDは、本セミナーの内容をDVD用に特別に収録したもので、たっぷり時間をかけて余すことなく全ての項目を解説しています。

丸1日かけても話しきれないほどのボリュームですから、このセミナーを1回聴いただけで理解することは困難かもしれません。しかし、このDVDを利用すれば、実際に就業規則の作成や見直しを行う際、何度でも振り返っていただくことができます。


特典2、2017年度版 竹内社労士事務所就業規則を進呈

竹内社労士事務所が実際に運用する、2017年度版 就業規則をプレゼントします。
会社を守る就業規則を作成するためのモデル就業規則として、最強の雛形となります。


特典3、個別相談を無料で受けられます

お昼休みまたはセミナー終了後のいずれかに、6社限定で30分間の個別相談を無料で受けられます。就業規則作成に関する疑問点だけでなく、ユニオンや労基署、その他、個別の労働問題に関するご相談も可能です。


特典4、1名様分の参加費用で2名様まで参加可能

1名様分の参加費用で、同一企業2名様までご参加いただくことが可能です。

社長と役員、または実務担当者などでご参加いただき、認識を一つにして労務管理の改善に取り組んでいただくことができます。

保証、内容にご不満の場合、参加費用を全額返金

そして、セミナーの保証としまして、万が一、セミナーの内容にご不満の場合は、参加費用を全額返金いたしますのでリスクはありません。

全額返金保証を付けられるくらい、内容には自信を持っていますので、どうぞ安心してご参加ください。

セミナー会場でお会いできる日をスタッフ一同楽しみにしています。

お申込方法・お申し込みまでの流れは、こちらからご確認いただけます。

いますぐ下のお申し込みをクリックして下さい。


「会社を守る就業規則」徹底解説セミナーのお申し込み
サブコンテンツ

このページの先頭へ