年次有給休暇に関するQ&A

年次有給休暇の発生要件とは?

Answer

年休とは、労働者が6ヶ月以上勤務していて、且つ全労働日の8割以上出勤したときに、当然に生じる(労働基準法39条)もので、労働者の請求をもって初めて生じるものではありません。

入社して6ヶ月を経過した日から起算して、継続勤務年数が2年(入社日から起算すれば2年6ヶ月)を経過するまでは、1年ごとに1労働日が追加付与されます。

それ以降は1年ごとに2労働日が追加付与されます。

ただし、付与が義務づけられている日数は、1年につき最大20労働日となります。


MENU  次へ

TOP

このページの先頭へ