割増賃金に関するQ&A

法定労働時間を超えて労働させるにはどうしたら良いですか?

Answer

労働基準法では、1週40時間、1日8時間(休憩時間を除く)を超え、または週1日の法定休日に働かせる場合は、36協定を締結し、労働基準監督署へ届け出ること、そして割増賃金を支払うことが定められています。

法定労働時間を超えた労働には2割5分以上の割増賃金、法定休日の労働には3割5分以上の割増賃金が必要です。

さらに、午後10時から午前5時までの労働(深夜労働)には2割5分以上の割増賃金が必要になります。(時間外労働又は休日労働に深夜労働が重なった場合の割増賃金は、それぞれ5割以上、6割以上の割増になります。)

所定外労働の種類 割増率 備考
時間外労働 0.25 原則8時間の超過
休日労働 0.35 法定休日労働の場合
深夜労働 0.25 午後10時~午前5時
時間外+深夜労働 0.50 0.25+0.25
休日労働+深夜労働 0.60 0.35+0.25
休日労働+時間外労働 0.35 0.60ではない

→ 目からウロコの会社防衛ノウハウ満載! 無料メールセミナーはこちら


「会社を守る就業規則」徹底解説セミナー

今後の開催予定

2017/10/13(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00

2017/11/17(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00

2017/12/15(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナーの詳細

MENU  次へ

TOP

このページの先頭へ