服務規律に関するQ&A

営業秘密を侵害された場合、どのような措置を求められるか?

Answer

営業秘密を侵害された場合には、差止請求、損害賠償請求、あるいは信用回復措置等の民事上の救済措置を求めることができます。

また、営業秘密を不正に侵害した者に対しては、5年以下の懲役または500万円以下の罰金となります。

さらに、その者が属している法人に対しても、最高で1億5,000万円の罰金刑が課されるということになります。


→ 目からウロコの会社防衛ノウハウ満載! 無料メールセミナーはこちら


「会社を守る就業規則」徹底解説セミナー

今後の開催予定

2017/09/08(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00
2017/10/13(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナーの詳細

前へ  MENU  次へ

TOP

このページの先頭へ