服務規律に関するQ&A

不正競争防止法で保護を受けることが可能な一定の要件とは?

Answer

不正競争防止法によって保護される営業秘密であるための要件は以下の通りになります。

  1. 秘密として管理されていること(秘密管理性)
  2. 事業活動に有用な技術上、営業上の情報であること(有用性)
  3. 公然と知られていないこと(非公知性)

以上の3要件を満たすことが必要です。

したがって、「マル秘」や「極秘」等の取扱とされ、アクセスできる人が制限されている状態にある(秘密管理性)、事業活動上有益な情報で(有用性)、一般的には入手することが出来ないもの(非公知性)ということになります。


→ 目からウロコの会社防衛ノウハウ満載! 無料メールセミナーはこちら


「会社を守る就業規則」徹底解説セミナー

今後の開催予定

2017/11/17(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00

2017/12/15(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナーの詳細

前へ  MENU  次へ

TOP

このページの先頭へ