年次有給休暇に関するQ&A

年次有給休暇の発生要件とは何ですか?

Answer

年次有給休暇は、労働者が6ヶ月以上勤務していて、かつ全労働日の8割以上出勤したときに、当然に生じます。

目 次

  • 年次有給休暇の発生要件
  • 年次有給休暇の取得率
  • 8割以上出勤の要件

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナー

今後の開催予定

2018/11/09(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00
2018/12/07(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00
2019/01/18(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00
2019/02/08(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナーの詳細

お役立ち教材

年次有給休暇の発生要件

年次有給休暇とは、労働基準法39条により、労働者の勤続が6ヶ月を超え、かつ労働日の8割以上出勤したとき当然に生じるものです。

したがって、労働者の請求をもって、初めて生じるわけではないのです。

勤続が6ヶ月を超えた日から起算して、継続勤務年数が2年(入社日から起算すれば2年6ヶ月)を経過するまでは、1年ごとに1労働日の年次有給休暇が追加付与されます。

それ以降は、1年ごとに2労働日の年次有給休暇が追加付与されます。

ただし、付与が義務づけられている日数は、1年につき最大20労働日となります。


年次有給休暇の取得率

年次有給休暇の付与日数に比べて、実際の取得日数が少ないことが、長らく問題となっています。

これは、年休を取得することに対する罪悪感の他、最近ではパートや派遣社員等、年休の取りにくい雇用形態が増えたこと、また正社員についても成果主義が導入されたりするなど、取得しづらい労働環境にあることが原因であると考えられています。

そのため政府は、2020年までに年休の取得率を70%とすることを目標に掲げておりますが、厚生労働省による「平成28年就労条件総合調査」によりますと、平成27年(または平成26年会計年度)の年次有給休暇の取得率は、前年に比べて若干改善したものの、依然として50%以下(48.7%)の低い水準に留まっております。

また、年次有給休暇の取得率は、企業規模が小さくなるほど、低くなる傾向にあります。1,000 人以上が54.7%、300~999人が47.1%、100~299人が44.8%、30~99 人が43.7%となっています。

取得率が低ければ、取得できなかった年次有給休暇の残日数は、それだけ増えることになります。

年次有給休暇は、2年を経過すれば時効により消滅するものの、労働者が退職する時には最大で40日もの未消化の年次有給休暇が残り、それを一括請求されてどうしようもなく困ったという相談も多く寄せられます。


8割以上出勤の要件

確かに、年次有給休暇の取得率が低いという実情の背景として、取得しづらい労働環境にあるということは否定できませんが、そもそもの年次有給休暇の日数が多いということもその一因であるように思います。

年次有給休暇の制度は、労基法が制定された当時から存在する制度であり、その後付与日数が増加されたり、計画的付与制度が導入されたり、といった変更がされてきましたが、出勤率が全労働日の80%以上であることを要件とする点は当初から変更されていません。

労基法が制定された昭和22年当時の法定労働時間は、週48時間でした。それが平成9年の法改正で、現在のように週40時間制に移行したわけですが、その際に年次有給休暇の発生要件である出勤率について、何ら改正されなかったことは、会社にとっては非常に大きな痛手であるでしょう。

つまり、昭和22年当時は週48時間制ですから、年間法定労働時間を計算すると、2,502時間(週48時間×365/7)となり、その80%の出勤率ということであれば、2,001時間となるのです。

しかし、平成9年に、週40時間制に移行されたことにより、年間法定労働時間は、2,085時間となり、その80%の出勤率となると、1,668時間となってしまうわけです。もともと年休の発生要件が出勤率80%とされていたのは、休日が少なく、労働時間が長かったからであり、平成9年の法改正により法定労働時間の短縮が図られたのであれば、年休の発生要件である出勤率についても、96%以上(平成9年より前の2,001時間を基準に考えれば、2,085時間×96%≒2,001時間となります)に改正しないと、出勤率を要件にしている意味が希薄になってしまいます。

法定労働時間が短縮された今の時代において、出勤率が80%しかないということは、週休2日制の会社であれば、たとえ毎週1回欠勤したとしても、80%の出勤率はキープでき、しかもご褒美に年次有給休暇までもが付与されるという現状にあるのです。


MENU  次へ

TOP


「会社を守る就業規則」徹底解説セミナー

今後の開催予定

2018/11/09(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00
2018/12/07(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00
2019/01/18(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00
2019/02/08(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナーの詳細

お役立ち教材

このページの先頭へ