年次有給休暇に関するQ&A

業務繁忙期に年次有給休暇を請求された場合の対応方法は?

Answer

使用者には「時季変更権」という権利が与えられています。

「時季変更権」とは、例えば年休取得者が殺到して、代替要員の確保が困難な場合など、いわゆる「事業の正常な運営を妨げる場合」において、従業員によって時季指定された年休を、他の時季に変更することができるという権利です。

しかし、この権利は、使用者がいつでも行使できるものではなく、「事業の正常な運営を妨げる場合」であることが必要になります。

具体的には、事業の規模・内容、担当業務の性質・内容、業務の繁閑、代替者の配置の難易を総合的に考えて判断されることになりますが、例えば、業務運営に不可欠な者からの請求でも、使用者が代替要員確保の努力をしないまま、ただちに、時季変更権を行使するということは許されません。


→ 目からウロコの会社防衛ノウハウ満載! 無料メールセミナーはこちら


「会社を守る就業規則」徹底解説セミナー

今後の開催予定

2017/12/15(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00
2018/01/19(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00
2018/02/16(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナーの詳細

前へ  MENU  次へ

TOP

このページの先頭へ