年次有給休暇に関するQ&A

年次有給休暇の時季変更権を行使する場合、どう対応したらよいですか?

Answer

厳密に「事業の正常な運営を妨げる場合」か否かを判断して時季変更権を行使するというよりも、会社側の事情を十分説明して、従業員の理解を求めるように努めるべきです。

目 次

  • 時季変更権の有効性
  • 従業員に理解を求める

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナー

今後の開催予定

2018/03/09(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00
2018/04/13(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナーの詳細
お役立ち教材

時季変更権の有効性

実際に会社が時季変更権を行使した場合、それが有効かどうか争われた場合には、非常に難しい判断となります。

原則として、「時季変更権」とは、年休取得の申し出が殺到し、代替要員の確保が困難な場合など、「事業の正常な運営を妨げる場合」にのみ行使できる権利、という程度の認識にとどめ、権利の濫用にならないよう、注意することが必要です。


従業員に理解を求める

実務上は、厳密に「事業の正常な運営を妨げる場合」か否かを判断して時季変更権を行使するというよりも、当該従業員に会社の事情を十分説明して理解を求め、時季の変更に協力してもらうというような対応をしておくことで、トラブルを回避するのが好ましいでしょう。


前へ  MENU  次へ

TOP

このページの先頭へ