年次有給休暇に関するQ&A

パートタイマーに年次有給休暇を付与する必要はありますか?

Answer

週の所定労働日数が、正社員に比べて少ないパートタイマー等にも、各人の所定労働日数に比例して年休を付与する必要があります。

目 次

  • パートタイマーの年次有給休暇
  • 比例付与の対象者

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナー

今後の開催予定

2018/11/09(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00
2018/12/07(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00
2019/01/18(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナーの詳細

お役立ち教材

パートタイマーの年次有給休暇

年次有給休暇は、いわゆる正社員だけの権利ではなく、労働者の権利です。

したがって、週の所定労働日数が、正社員に比べて少ないパートタイマー等についても、各人の所定労働日数に応じて、年次有給休暇の権利が発生します。これを、「比例付与」といいます。


比例付与の対象者

比例付与の対象者は、週の所定労働時間が30時間未満であり、かつ、1.、または2.のいずれかに該当する者です。

  1. 週の所定労働日数4日以下
  2. 週以外の期間によって所定労働日数が定められている場合には、年間の所定労働日数が216日以下の者

具体的な年休の日数は、「正社員の付与日数×比例的付与対象者の週所定労働日数÷5.2」によって算出します。

パートタイマーやアルバイトにも、年次有給休暇の権利が発生するということに、納得いかないという方々もいらっしゃると思いますが、上記の通り、年次有給休暇の権利自体は当然に発生するものです。


前へ  MENU  次へ

TOP


「会社を守る就業規則」徹底解説セミナー

今後の開催予定

2018/11/09(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00
2018/12/07(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00
2019/01/18(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナーの詳細

お役立ち教材

このページの先頭へ