服務規律に関するQ&A

5~10分程度頻繁に遅刻する従業員への対応は?

Answer

時間を厳守するということは、一社会人として組織で働く以上常識であり、やむを得ない事由がある場合を除き、故意または過失によって、これらを繰り返すという従業員は、社会人としての適性すら疑わざるを得ません。

もし会社が、「少しの遅刻だからいいだろう」などという考えでいたとすれば、本人も、「この程度の遅刻であれば、許容されるんだ」というような誤った認識を持ってしまう恐れがあります。

よって、企業秩序の維持という観点から、仮に短い時間の遅刻であっても、その理由を問いただし、それが故意であると判断できれば、譴責などの懲戒処分を科すべきですし、情状酌量の余地がある場合であっても、口頭で注意し、それが繰り返されるようであれば、譴責処分を科す等、会社として、遅刻は許さないという姿勢を明確にすることが必要です。

そして、就業規則にも「欠勤・遅刻・早退の事由が本人の過失にある場合は、懲戒処分を科すことがある。」というように、懲戒処分もあるという規定を、服務規律に明確に設けるべきです。

また、電車等の遅延によるものであれば、遅延証明書の提出を必ず求めるようにするべきです。


→ 目からウロコの会社防衛ノウハウ満載! 無料メールセミナーはこちら


「会社を守る就業規則」徹底解説セミナー

今後の開催予定

2017/10/13(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00

2017/11/17(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00

2017/12/15(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナーの詳細

前へ  MENU  次へ

TOP

このページの先頭へ