服務規律に関するQ&A

セクハラ防止の配慮義務に違反した会社はどうなりますか?

Answer

会社には、男女雇用機会均等法によって、これらセクハラの防止のための配慮義務が課せられています。

そして、この防止のための配慮義務に違反した会社に対しては、厚生労働大臣は報告を求め、指導もしくは勧告することができることになっています。

仮に配慮義務に違反しても、募集、採用、昇進、配置の差別禁止義務とは異なり、企業名を公表されることはありませんので、その意味では努力義務としての性質しかありません。

しかし、当該セクハラが民法709条の不法行為に該当する場合には、同715条で使用者責任を追求され、女性労働者に対して、損害賠償責任が生じることも十分にあり得ます。

そもそも均等法の定めるセクハラ防止のための配慮義務の本質が、女性労働者の有する具体的な職務遂行能力が阻害され、企業秩序が乱されることを防止することにあることを考慮すれば、努力義務とは言えども、会社としては、そのような行為を当然に禁止する必要があると言えます。


→ 目からウロコの会社防衛ノウハウ満載! 無料メールセミナーはこちら


「会社を守る就業規則」徹底解説セミナー

今後の開催予定

2017/10/13(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00

2017/11/17(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00

2017/12/15(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナーの詳細

前へ  MENU  次へ

TOP

このページの先頭へ