就業規則全般に関するQ&A

就業規則を直接出向いて届出をする場合と郵送の違いは?

Answer

実際に労働基準監督署に出向いて届出する場合には、指導員が居る、居ないに拘わらず、その場で受理印を押印、返却となり、その後、就業規則の内容に法令違反が見つかった場合に連絡が来るという形態が通常ですが、郵送で届出を行うと、内容を確認の後でないと、返却されないことが多いです。

労働基準監督署の指導員の事情も勘案すれば、郵送で届出を行う場合は、ゆとりを持って段取りをすることが必要ですし、受理印のある就業規則が早急に必要というような場合には、実際に出向いて届出した方が無難と言えます。


→ 目からウロコの会社防衛ノウハウ満載! 無料メールセミナーはこちら


「会社を守る就業規則」徹底解説セミナー

今後の開催予定

2017/10/13(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00

2017/11/17(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00

2017/12/15(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナーの詳細

前へ  MENU  次へ

TOP

このページの先頭へ