解雇事由の考え方

就業規則に定めた項目でなければ、普通解雇はできませんか?
多くの事例で、「使用者自らが解雇事由を規定したのだから、記載した事由でしか普通解雇してはならない」という考えに基づく限定列挙説が採用されます。
人事労務管理の会員制情報提供サイト
アンカー・ネット
人事労務に役立つ書式や情報を無料でGETできます!

限定列挙説と例示列挙説

労働者の債務不履行にあたる行為が就業規則に定めた項目に該当しなければ、この労働者を普通解雇ができないかについては、2つの考え方があります。
「限定列挙説」と「例示列挙説」です。

限定列挙説は、就業規則に規定されている解雇事由以外では普通解雇できないという考え方です。

一方、例示列挙説は、就業規則に規定されている解雇事由は例示的なもので、それに準ずるような事由があれば普通解雇できるという考え方です。

限定列挙説を想定しておく

限定列挙説と例示列挙説のどちらが採用されるかは、裁判所によって異なります。
東京地裁においては、例示列挙説に基づく裁判例もあるようです。

しかし、「使用者自らが解雇事由を規定したのだから、記載した事由でしか普通解雇してはならない」という考えに基づく限定列挙説を採用することが多いと考えておいた方がよいでしょう。

なお、「普通解雇と懲戒解雇」でも解説したとおり、普通解雇とは違って懲戒解雇には「罰」という性質がありますから、より厳格な要件が求められます。
そのため懲戒解雇は、裁判所にかかわらず、限定列挙説が採用されます。

就業規則講座のカテゴリー
作成・手続 構成・総則 採用・試用 人事制度
退職・解雇 服務規律 労働時間 休日
有給休暇 賃金 安全衛生 懲戒・賠償

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナー

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナー

竹内社労士事務所の代表である竹内が、最新の法改正や労働事情を踏まえ、2021年度版に改訂した最強の就業規則をベースに、法的根拠やトラブル事例、判例などを豊富に交え、会社を守るポイントをわかりやすく解説します。

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナー開催予定

2021/11/12(金)受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00 空有
2021/12/10(金)受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00 空有


就業規則セミナー
就業規則マニュアル(正社員用)
就業規則マニュアル(非正規社員用)

オンライン動画「会社を守る就業規則」徹底解説セミナーのご視聴方法

社長を守る会の方は、「アンカー・ネット」会員マイページにログイン
するだけで、すべてのコンテンツを、購入することなくご利用になれます。


社長を守る会以外で会員マイページをお持ちの方は、
下のボタンからログインして、オンライン動画のご購入とご視聴が可能です。

会員ログインして購入

当サイトで初めてご購入される方会員マイページをお持ちでない方は、
最初に、下のボタンから無料会員登録を行ってください。

会員登録後、上のボタンまたは会員マイページ内からご購入いただけます。

新規会員登録して購入