所持品検査に関するQ&A

会社が従業員に対して所持品検査をすることはできますか?

Answer

会社が従業員に対して、所持品検査をすることには、ある程度の業務上の必要性があると考えられますが、無制限に許されるものではありません。

目 次

  • 業務との関連性
  • 所持品検査の有効性

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナー

今後の開催予定

2018/04/13(金) 満席 受付終了しました
2018/05/11(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00
2018/06/08(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナーの詳細

お役立ち教材

業務との関連性

会社には、現金、製品、備品等の財産の他、会社の秘密情報も多く存在しており、従業員が、これらを横領、着服したり、秘密情報を外部に漏らしたりする可能性も否定できません。

実際にこのような行為が発生すれば、会社にとって、多大な損害が発生する可能性もあります。したがって、会社が従業員の所持品を検査することには、ある程度の業務上の必要性があると考えられます。

しかし、自己の所持品を強制的に検査されるとすれば、精神的な苦痛も伴い、その対応によっては、重大なプライバシー侵害にもなり得ることから、無制限に許されるものではありません。

所持品検査を行う理由については、まず、業務と密接に関連した範囲にとどめる必要があります。

業務との関連性が小さい場合、所持品検査を必要とする合理性が認められないと判断される可能性もありますので、例えば、会社の管理責任を問われない程度の従業員間の個人的な問題については、会社が関与せず、自己責任とするように区別しなければなりません。


所持品検査の有効性

所持品検査が適法とされるためには、プライバシー等の保護の要請と、企業の秩序維持の必要性のバランスという観点から、①所持品検査を必要とする合理的理由に基づいて、②一般的に妥当な方法と程度で、③就業規則その他明示の根拠により、④従業員に対して画一的に実施されるものであることが求められることになります。(西日本鉄道事件 最判二小昭43.8.2)

西日本鉄道事件では、靴の中の検査を求められた従業員が、これを拒否したため懲戒解雇処分となり、無効を訴えた事件ですが、使用者が、従業員に対し金品の不正隠匿の摘発、防止のために行う所持品検査(脱靴検査)は、「社員が業務の正常な運営のためその所持品の検査を求められたときは、これを拒んではならない」旨の就業規則の条項に基づき、組合との協議の上、電車運転士ら乗務員一同に対し、脱靴が自然に行えるように配慮して、脱靴検査を実施した場合において、右脱靴検査を拒否したことは懲戒解雇事由たる「職務上の指示」違反に該当すると判示しております。


MENU  次へ

TOP


「会社を守る就業規則」徹底解説セミナー

今後の開催予定

2018/04/13(金) 満席 受付終了しました
2018/05/11(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00
2018/06/08(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナーの詳細

お役立ち教材

このページの先頭へ