パソコンの私的利用の制約

会社のパソコンの私的利用を制約できる方法はありますか?
会社のパソコンの私的利用の制約の手法としては、従業員のパソコン内部の閲覧や、アクセスログの取得などが考えられます。
人事労務管理の会員制情報提供サイト
アンカー・ネット
人事労務に役立つ書式や情報を無料でGETできます!

パソコンの私的利用の制約方法

インターネットの私的利用の制約手法としては、パソコンのモニタリング、あるいはアクセスログを取得することが考えられます。

ここで問題になるのは、これらがプライバシーに反するのではないかということです。
アクセスログの不用意な開示に関して、プライバシーが問題となることはあり得ます。

しかし、パソコンは会社の設備である以上、その使用に関する記録を会社が取得することは当然です。
業務上の必要性によるアクセスログの取得、およびその適切な使用が、直ちに違法となることはないでしょう。

プライバシーと裁判例

裁判例でも、閲覧を広く認める方向にあるようです。

監視の目的、手段及びその態様等を考慮し、監視される側に生じた不利益とを比較考量の上、社会通念上相当な範囲を逸脱した監視がなされた場合に限り、プライバシーの侵害となる。

とはいえ、配慮を欠いた閲覧行為は、権利の濫用とされる可能性もありますので、所持品検査を行う場合の要件を参考にして、監視や閲覧の必要性を検討してください。

就業規則講座のカテゴリー
作成・手続 構成・総則 採用・試用 人事制度
退職・解雇 服務規律 労働時間 休日
有給休暇 賃金 安全衛生 懲戒・賠償

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナー

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナー

竹内社労士事務所の代表である竹内が、最新の法改正や労働事情を踏まえ、2021年度版に改訂した最強の就業規則をベースに、法的根拠やトラブル事例、判例などを豊富に交え、会社を守るポイントをわかりやすく解説します。

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナー開催予定

2021/08/06(金)受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00 空有
2021/09/10(金)受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00 空有

就業規則セミナー
就業規則マニュアル(正社員用)
就業規則マニュアル(非正規社員用)