服務規律に関するQ&A

茶髪、ピアス、口ひげ等を禁止できますか?

Answer

髪型や服装等は本人の自由ですから、使用者が一方的に禁止することはできませんが、労働者は労働契約の締結により、合理的な服務規律に従う義務があり、懲戒処分も可能です。

目 次

  • 「表現の自由」と服務規律

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナー

今後の開催予定

2018/07/13(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00
2018/08/03(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナーの詳細

お役立ち教材

「表現の自由」と服務規律

本来、髪型や服装等は本人が自由に決定すべきものですから、「表現の自由」と言われると、使用者が一方的に禁止することはできません。

しかし、企業は、事業の円滑な運営・企業秩序を維持確保するため、就業規則に服務規律を定めることで、労働者に指示・命令することができます。

一方、労働者には、労働契約に定める労働条件および企業秩序を維持するための服務規律に従う義務があります。

したがって、労働者は労働契約の締結により、合理的な服務規律に従う義務がありますので、それに従わない場合は、懲戒処分を行うことも可能です。


前へ  MENU

TOP

このページの先頭へ