頻繁に病気欠勤する場合

本当に病気で頻繁に欠勤する従業員に、どう対応したらよいですか?
業務執行の現状を調査確認し、改善を施すなどの対応が求められることがあります。休職も念頭に入れておくことが必要です。
人事労務管理の会員制情報提供サイト
アンカー・ネット
人事労務に役立つ書式や情報を無料でGETできます!

「健康管理上の配慮」をする

頻繁な欠勤の理由が、真に病気である場合は、当該従業員の健康状態の把握が必要です。

特に、急に欠勤が増えた場合には、過労を原因とする体調不良が考えられます。

雇用管理上、使用者に求められる「健康管理上の配慮」として、本人に事情を聞き、業務執行の現状を調査確認し、改善を施すのなどの対応が求められることがあります。
そのため、休職という措置も念頭に入れておくことが必要です。

就業規則の休職規定を整備しておく

本来、従業員が私傷病により労務提供ができなくなった場合は、解雇事由に該当します。

しかしながら、日本は長期雇用が慣行としてあるため、一時的に解雇を猶予するという休職制度が設けられてきました。
休職制度は、必ず設けなければならない制度ではありませんが、実際には多くの会社で設けられています。

病気で欠勤が続いた場合にいきなり解雇をしても、それが有効だと判断される可能性は低く、まずは療養の機会を与える必要があります。
そのためには、就業規則の休職規定を整備し、休職のフローを確認しておきましょう。

就業規則講座のカテゴリー
作成・手続 構成・総則 採用・試用 人事制度
退職・解雇 服務規律 労働時間 休日
有給休暇 賃金 安全衛生 懲戒・賠償

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナー

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナー

竹内社労士事務所の代表である竹内が、最新の法改正や労働事情を踏まえ、2021年度版に改訂した最強の就業規則をベースに、法的根拠やトラブル事例、判例などを豊富に交え、会社を守るポイントをわかりやすく解説します。

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナー開催予定

2021/10/08(金)受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00 空有
2021/11/12(金)受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00 空有
2021/12/10(金)受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00 空有


就業規則セミナー
就業規則マニュアル(正社員用)
就業規則マニュアル(非正規社員用)

オンライン動画「会社を守る就業規則」徹底解説セミナーのご視聴方法

社長を守る会の方は、「アンカー・ネット」会員マイページにログイン
するだけで、すべてのコンテンツを、購入することなくご利用になれます。


社長を守る会以外で会員マイページをお持ちの方は、
下のボタンからログインして、オンライン動画のご購入とご視聴が可能です。

会員ログインして購入

当サイトで初めてご購入される方会員マイページをお持ちでない方は、
最初に、下のボタンから無料会員登録を行ってください。

会員登録後、上のボタンまたは会員マイページ内からご購入いただけます。

新規会員登録して購入