服務規律に関するQ&A

病気による欠勤が常習的である社員に対する対応策は?

Answer

病気による欠勤が常習的である社員には、欠勤理由が本当に労務提供が困難である程の病気なのかどうかを確認する必要があります。

まずは、医師の診断書の提出を求めるという方法をとることになるでしょう。

就業規則では、「欠勤が連続○日以上に渡る場合は、医師の診断書を求めることがある。」と規定されていることが多いと思います。

信頼関係が基礎にある従業員に対してであれば、この規定で問題ありません。

しかし、この規定では、頻繁に欠勤し仮病の疑いがある、いわゆる信頼関係が崩壊している従業員であっても、連続○日以上欠勤しない限り、医師の診断書の提出を求めないということになってしまいます。

そもそもこのような規定は、健康保険法上の傷病手当金の受給申請をする際に、医師の診断書が必要であることに起因しているものであり、問題従業員というものを想定している規定ではありません。

したがって、このような問題従業員の仮病対策としては、以下のように規定することをお勧めします。

「私傷病を理由に欠勤する場合、会社は、従業員に対して、医師の診断書の提出を求めることがある。当該診断書が提出された場合といえども、必要があれば社員に対し、会社の指定する医師の診断を求めることがある。」


→ 目からウロコの会社防衛ノウハウ満載! 無料メールセミナーはこちら


「会社を守る就業規則」徹底解説セミナー

今後の開催予定

2018/01/19(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00
2018/02/16(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナーの詳細

前へ  MENU  次へ

TOP

このページの先頭へ