遅刻を抑止する方法

従業員の遅刻を抑止するよい方法はありますか?
遅刻常習者に対する現実的な対応としては、懲戒処分を前提とした注意をきっちり行なうことと、人事評価や賞与に差をつけることが有効です。
人事労務管理の会員制情報提供サイト
アンカー・ネット
人事労務に役立つ書式や情報を無料でGETできます!

日ごろから注意指導する

時間厳守は組織で働く以上、常識です。
たとえ短い時間であっても、常習的に遅刻をする従業員に対しては、懲戒処分を前提として注意をきっちり行なうことが重要です。

そして、「遅刻への対応」でもご説明したとおり、注意指導や懲戒の根拠となる規定を、就業規則に設けて周知しておきます。

ただし、実際の不就労時間以上に、賃金を控除する規定は、労働基準法第24条違反となりますので、ご注意ください。

人事評価や賞与に反映させる

そして、人事評価や賞与に差をつけるということが有効です。

こうした評価方法は、会社が自由に設定できますし、勤怠成績が重要な評価項目であるということを社員に周知徹底しておけば効果的です。

また、精勤手当といった手当を別枠で支給することも、遅刻等を抑止する役割を果たすと考えます。

就業規則講座のカテゴリー
作成・手続 構成・総則 採用・試用 人事制度
退職・解雇 服務規律 労働時間 休日
有給休暇 賃金 安全衛生 懲戒・賠償

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナー

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナー

竹内社労士事務所の代表である竹内が、最新の法改正や労働事情を踏まえ、2021年度版に改訂した最強の就業規則をベースに、法的根拠やトラブル事例、判例などを豊富に交え、会社を守るポイントをわかりやすく解説します。

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナー開催予定

2021/06/11(金)受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00 空有
2021/07/09(金)受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00 空有

就業規則セミナー
就業規則マニュアル(正社員用)
就業規則マニュアル(非正規社員用)