服務規律に関するQ&A

就業規則に服務規律を規定する際のポイントは何ですか?

Answer

就業規則に服務規律を規定する場合には、項目を増やして網羅的に規定することが必要です。

目 次

  • 服務規律の項目
  • 秩序維持義務

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナー

今後の開催予定

2018/12/07(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00
2019/01/18(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00
2019/02/08(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナーの詳細

お役立ち教材

服務規律の項目

従業員に対する服務規律の徹底を図るためには、服務規律の項目を増やして網羅的に規定することが必要でしょう。

また、周知という観点から見れば、テーマごとに条文化して規定することも効果的です。


秩序維持義務

服務規律の主な項目である秩序維持義務を、以下に例示します。

第○条(秩序維持義務)
従業員は、企業秩序の維持のため、以下の事項を遵守しなければならない。

  1. 就業時間中、事業場内において、政治活動および宗教活動ないしそれに準ずる行為を行わないこと(就業時間外、および事業場外においても、従業員の地位を利用して、他の従業員に対してその活動を行わないこと)
  2. 事業場内において事前に許可を受けることなく、演説、集会、文書等の配布、貼付等の行為を行わないこと
  3. 就業時間中、事業場内において、事前に許可なく販売活動、およびそれに類似する行為を行わないこと(就業時間外、および事業場外においても、従業員の地位を利用して、他の従業員に対してその活動を行わないこと)
  4. 就業時間中、事業場内において、労働組合活動を行わないこと

従業員の地位を利用して他の従業員に対して政治活動や宗教活動が行われれば、円滑な業務遂行に支障をきたし、企業秩序が乱されることになりますので、就業時間中・事業場内のみではなく、就業時間外・事業場外においても、活動を禁止することを明確にしておくことが必要です。

また、事業場内において演説・集会・掲示・ビラ配布等を行うことは、たとえ休憩時間中であっても、事業場内での施設管理や、他の従業員の休憩時間の自由利用を妨げるおそれがあり、内容によっては企業秩序を乱すおそれがあります。したがって、これを許可制にすることで、合理性のある規定となります。


前へ  MENU  次へ

TOP


「会社を守る就業規則」徹底解説セミナー

今後の開催予定

2018/12/07(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00
2019/01/18(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00
2019/02/08(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナーの詳細

お役立ち教材

このページの先頭へ