営業秘密の侵害

営業秘密を侵害された場合、どのような措置を求めることができますか?
営業秘密を侵害された場合には、差止請求、損害賠償請求、あるいは信用回復措置等の民事上の救済措置を求めることができます。また、不正競争防止法による罰則が設けられています。
人事労務管理の会員制情報提供サイト
アンカー・ネット
人事労務に役立つ書式や情報を無料でGETできます!

不正競争防止法による罰則

競業避止義務を、就業規則によって一律に課すことはむずかしいです。

しかし、実際に営業秘密を侵害された場合には、差止請求、損害賠償請求、あるいは信用回復措置等の民事上の救済措置を求めることができます

また、営業秘密を不正に侵害した者に対しては、10年以下の懲役または2,000万円以下の罰金、またはその両方となります。(不正競争防止法第21条)

この罰則は、平成17年に「3年以下の懲役または300万円以下の罰金」から「5年以下の懲役または500万円以下の罰金とその併科」に改正され、さらに平成18年には「10年以下の懲役または1,000万円以下の罰金とその併科」とされました。
年数も金額も増えており、罰則は強化される傾向にあります。

そして、その者が属している法人に対しても、最高で5億円の罰金刑が科されます。(不正競争防止法第22条)
この法人に対する罰則も、平成17年の改正で導入されて以降、平成18年に3億円に引き上げられてきました。

海外への流出には重課される

また、近年、海外へ営業秘密が流出する事態が増加していることを踏まえ、平成28年の法改正により、以下の場合、個人は「3,000万円以下の罰金」、法人は「10億円以下の罰金」とされました。

  • 日本国外において使用する目的で、不正取得・不正領得する場合(法21条3項1号)
  • 相手方に日本国外において不正使用する目的があることを知って、不正開示する場合(同項2号)
  • 日本国外において不正使用する場合(同項3号)
就業規則講座のカテゴリー
作成・手続 構成・総則 採用・試用 人事制度
退職・解雇 服務規律 労働時間 休日
有給休暇 賃金 安全衛生 懲戒・賠償

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナー

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナー

竹内社労士事務所の代表である竹内が、最新の法改正や労働事情を踏まえ、2021年度版に改訂した最強の就業規則をベースに、法的根拠やトラブル事例、判例などを豊富に交え、会社を守るポイントをわかりやすく解説します。

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナー開催予定

2021/10/08(金)受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00 空有
2021/11/12(金)受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00 空有
2021/12/10(金)受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00 空有


就業規則セミナー
就業規則マニュアル(正社員用)
就業規則マニュアル(非正規社員用)

オンライン動画「会社を守る就業規則」徹底解説セミナーのご視聴方法

社長を守る会の方は、「アンカー・ネット」会員マイページにログイン
するだけで、すべてのコンテンツを、購入することなくご利用になれます。


社長を守る会以外で会員マイページをお持ちの方は、
下のボタンからログインして、オンライン動画のご購入とご視聴が可能です。

会員ログインして購入

当サイトで初めてご購入される方会員マイページをお持ちでない方は、
最初に、下のボタンから無料会員登録を行ってください。

会員登録後、上のボタンまたは会員マイページ内からご購入いただけます。

新規会員登録して購入