死亡一時金

概要

第1号被保険者として保険料を納付した者が、年金を受けずに死亡した場合に、掛捨て防止の意味合いで一定の遺族(遺族基礎年金を受けられる者を除く)に支給されます。


支給要件

次のいずれにも該当する事が必要です。

  1. 死亡した者の要件
    ・死亡日の前日において、死亡日の属する月の前月までの第1号被保険者としての対象となる保険料納付期間の月数(注)が36ヶ月以上あること
    ・ 老齢基礎年金または障害基礎年金の支給を受けたことがないこと
  2. 遺族の要件
    ・ 死亡した者の配偶者・子・父母・孫・祖父母・兄弟姉妹であって、死亡の当時、生計を同じくしていたこと
    ・ 遺族基礎年金を受けることができないこと

支給額

死亡日の前日において、死亡日の属する月の前月までの第1号被保険者としての対象となる保険料納付期間の月数(注)により、以下の通り支給されます。

死亡月の前月までの付加保険料納付期間が3年以上ある場合には、8,500円が加算されます。

月数 支給金額
36月以上180月未満 120,000円
180月以上240月未満 145,000円
240月以上300月未満 170,000円
300月以上360月未満 220,000円
360月以上420月未満 270,000円
420月以上 320,000円

(注) ここでいう「対象となる保険料納付期間の月数」とは、次の1.~4.を合計した月数です。

  1. 保険料納付済期間の月数
  2. 保険料4分の1免除期間の月数×3/4
  3. 保険料半額免除期間の月数×1/2
  4. 保険料4分の3免除期間の月数×1/4

支給期間

一時金なので、一度支給されたら終了です。


問合せ先

居住地の市区町村役所

国の保険制度をコンパクトにわかりやすくまとめました

「ザ・国の保険」バイブル

平成28年度版
「ザ・国の保険」バイブル

【PDFファイル 全41ページ】
価格:1,620円(税込)

商品はPDFファイルでのご提供となります。
ダウンロードサイトにてお申し込み後、ファイルをダウンロードできます。

※ 社長を守る会 Web Shopへ移動します。
カートに入れる

サブコンテンツ

このページの先頭へ