障害(補償)給付

概要

業務上または通勤途中で負った怪我や病気が治癒した後に、障害が残った場合に、支給されます。該当する障害の等級によって、「障害(補償)年金」と「障害(補償)一時金」に区分されます。


支給要件

業務上または通勤途中で負った怪我や病気が治癒した後、障害等級に該当する障害が残った場合。


支給額

給付種類 傷病等級 給付内容 支給方法
障害(補償)
年金
第1級~第7級 給付基礎日額の313日分~131日分 年金
障害(補償)
一時金
第8級~第14級 給付基礎日額の503日分~56日分 一時金
(一括払)

※ 障害(補償)年金を受給している労働者の障害の状態が、自然的経過により、増進または軽減したため、新たな障害等級に該当することになった場合は、新たな障害等級に応じた障害(補償)年金(第1級~第7級)または障害(補償)一時金(第8級~第14級)が支給されます。

※ 障害(補償)一時金の受給権者は、自然的経過によって、新たな障害等級に該当することになった場合であっても、新たな障害(補償)給付は行われません。


支給期間

【障害(補償)年金の支給期間】
障害等級第1級~第7級に該当している限り、死亡するまで年金として支給されます。

【障害(補償)一時金の支給期間】
障害等級第8級~第14級に該当している場合は、一時金のため一度支給されると、以後は支給されません。


問合せ先

所轄の労働基準監督署

国の保険制度をコンパクトにわかりやすくまとめました

「ザ・国の保険」バイブル

平成28年度版
「ザ・国の保険」バイブル

【PDFファイル 全41ページ】
価格:1,620円(税込)

商品はPDFファイルでのご提供となります。
ダウンロードサイトにてお申し込み後、ファイルをダウンロードできます。

※ 社長を守る会 Web Shopへ移動します。
カートに入れる

サブコンテンツ

このページの先頭へ