労働時間に関するQ&A

1年単位の変形労働時間制に適している業種は何ですか?

Answer

1年単位の変形労働時間制は、1ヶ月を超え1年以内の変形期間を平均して、1週間当たりの労働時間が週40時間を超えない定めをした場合においては、その定めによって特定された週や日において、1週40時間、または1日8時間を超えて労働させることができるという制度になります。

具体的な導入のイメージとしては、夏季や冬季、あるいは年度末等に業務が集中するなど、1ヶ月を超えて、1年以内の期間で業務に繁閑の差がある場合や、あるいは業務の都合で、1日の勤務時間が8時間を超える場合などに、その繁忙日や週の労働時間を延長し、その代わりに閑散日や週の労働時間を短縮することにより、1ヶ月を超え1年以内の期間を平均して週の労働時間が40時間以内に収まるようにするということになります。


前へ  MENU  次へ

TOP

このページの先頭へ