採用・雇用に関するQ&A

トライアル雇用の期間満了で常用雇用しなかった場合の退職理由は?

Answer

トライアル雇用で常用雇用しない場合、会社からの申し出であっても、退職理由は「契約期間満了」となります。

目 次

  • 契約期間満了は解雇ではない
  • 期間満了と失業給付

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナー

今後の開催予定

2018/11/09(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00
2018/12/07(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00
2019/01/18(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00
2019/02/08(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナーの詳細

お役立ち教材

契約期間満了は解雇ではない

トライアル雇用の場合、契約期間を定めて、労働契約を締結されていることと思います。

会社からの申し出=すべて解雇、と解釈される方も多いのですが、期間の定めのある労働契約の場合、更新をしない限り、その期間が到来すれば、当然に当該契約期間の末日をもって、労働契約は終了します。

そのため、契約期間が3年未満の場合は、会社からの申し出であったとしても、退職理由は「契約期間満了」となります。

期間満了で終了し、常用雇用へ移行させないからといって、退職理由が「解雇」になることもありません。


期間満了と失業給付

「自己都合」による退職の場合、失業給付を受給するには、7日間の待期期間+3ヶ月の給付制限があります。

しかし、「期間満了」による退職の場合は、待期期間を完了させればよく、3ヶ月の給付制限はありません。


前へ  MENU  次へ

TOP


「会社を守る就業規則」徹底解説セミナー

今後の開催予定

2018/11/09(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00
2018/12/07(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00
2019/01/18(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00
2019/02/08(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナーの詳細

お役立ち教材

このページの先頭へ