採用・雇用に関するQ&A

選考時に、退職時の使用証明書の提出を必要とする理由は?

Answer

退職時の使用証明書は、前職の退職事由を把握し、採用のリスクを軽減するためにも必要です。

目 次

  • 就業規則への記載の注意点
  • 退職時の使用証明書の提出を求める理由

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナー

今後の開催予定

2017/12/15(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00
2018/01/19(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00
2018/02/16(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナーの詳細

→ 目からウロコの会社防衛ノウハウ満載! 無料メールセミナーはこちら


就業規則への記載の注意点

退職時の使用証明書は、選考時に提出を求める書類の一つです。

選考時に求める書類と採用決定後に求める書類は、それぞれ目的が異なります。

これらが区分されずに一括りで規定されている就業規則をたまに見かけますが、選考時に提出を求める書類と、採用時に提出を求める書類とに区分して記載することをおすすめします。


退職時の使用証明書の提出を求める理由

退職時の使用証明書とは、入社日や退社日、従事していた業務やその役職、賃金・賞与額等の内容について、退職した会社が証明する書類であり、労働基準法第22条に規定されています。

社員がその証明書の発行を請求した場合は、会社はその義務を負うことになります。

証明内容は色々ありますが、最も大切なのは、退職事由(それが解雇の場合はその事由も含む)が証明されることです。

例えば、前職を解雇されたような人については、その事由も把握できますし、あるいは、会社と揉めて退職したような場合については、当該証明書の提出をすることができない人もいるでしょうから、採用のリスクを軽減することができるでしょう。


前へ  MENU  次へ

TOP

このページの先頭へ