採用・雇用に関するQ&A

6ヶ月に1回の労働契約を1年1回に変更した場合、注意することとは?

Answer

期間雇用の場合、その期間にかかわらず共通していることですが、更新手続きはしっかり行うこと、そしてその都度、更新の有無と、その判断基準を明示して、継続雇用の期待感を抱かせないことが挙げられます。

目 次

  • 1年契約に変更することのメリットとデメリット
  • 実務上の留意点

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナー

今後の開催予定

2018/04/13(金) 満席 受付終了しました
2018/05/11(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00
2018/06/08(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナーの詳細

お役立ち教材

1年契約に変更することのメリットとデメリット

6ヶ月に1回の労働契約を1年契約に変更することのメリットは、更新手続等の事務作業量の軽減が考えられますが、その程度かと思います。

デメリットは、期間満了に至るまでの期間が長くなることです。契約期間が長くなることがなぜリスクになるかというと、期間の定めのある労働契約は、期間内で契約解消することが極めて困難だからです。

また、1年契約であれば、必ず有給休暇が発生します。


実務上の留意点

注意すべき事項としては、期間雇用の場合、その期間にかかわらず共通していることですが、更新手続きはしっかり行うこと、そしてその都度、更新の有無と、その判断基準を明示して、継続雇用の期待感を抱かせないことが挙げられます。


前へ  MENU  次へ

TOP

このページの先頭へ