健康診断に関するQ&A

「定期健康診断結果報告書」とは何ですか?

Answer

定期健康診断結果報告書とは、常時使用する労働者が50人以上の事業者(会社)が労働基準監督署に届け出なければならないものです。

目 次

  • 健康診断結果の報告義務

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナー

今後の開催予定

2018/11/09(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00
2018/12/07(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00
2019/01/18(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナーの詳細

お役立ち教材

健康診断結果の報告義務

定期健康診断結果報告書の届出義務は、常時使用する労働者が50人以上の事業者(会社)に課せられています。

ここでいう「常時使用する労働者」とは、正社員はもちろんのこと、パートタイマーなど労働時間が短い社員であっても、1年以上継続勤務し(または継続勤務が見込まれ)、なおかつ、1週間の所定労働時間が正社員の4分の3以上であれば、該当することになります。

そうした観点から労働者数を算定し、常時使用する労働者が50人以上いないのであれば、定期健康診断についての報告義務はありませんが、特殊健診は、健診を行った全ての事業者が結果を報告しなければなりません。


前へ  MENU

TOP

このページの先頭へ