休暇と休日の違い

休暇と休日の違いは何ですか?
休暇は、本来は労働の義務がある日の労働義務を、会社が免除している日のことです。一方、休日は、もともと労働の義務がない日のことです。
人事労務管理の会員制情報提供サイト
アンカー・ネット
人事労務に役立つ書式や情報を無料でGETできます!

休暇は労働義務が免除された日

休暇と休日は、従業員にとっては仕事をしていないという点でちがいはありませんが、法的には休暇と休日は異なるものです。

休暇とは、本来は労働の義務がある(労働日である)が、その労働義務を会社が免除していると定義されます。

一方、休日とは、もともと労働の義務がない日と定義されます。

就業規則には分けて規定する

年次有給休暇は休暇ですから、特定の労働日を指定して労働義務の免除を受けるものと解釈されます。

また、休暇と休日は法的には異なるものであることを明らかにするためにも、就業規則には、休暇と休日は分けて規定するとよいでしょう。

就業規則講座のカテゴリー
作成・手続 構成・総則 採用・試用 人事制度
退職・解雇 服務規律 労働時間 休日
有給休暇 賃金 安全衛生 懲戒・賠償

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナー

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナー

竹内社労士事務所の代表である竹内が、最新の法改正や労働事情を踏まえ、2021年度版に改訂した最強の就業規則をベースに、法的根拠やトラブル事例、判例などを豊富に交え、会社を守るポイントをわかりやすく解説します。

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナー開催予定

2021/07/09(金)受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00 空有
2021/08/06(金)受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00 空有
2021/09/10(金)受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00 空有

就業規則セミナー
就業規則マニュアル(正社員用)
就業規則マニュアル(非正規社員用)