年次有給休暇に関するQ&A

有給休暇時の通勤手当は、支払う必要はあるのですか?

Answer

年次有給休暇を取得した場合の賃金は、「所定労働時間を就労した場合に支払われる通常の額」とされていることから、通勤手当については控除しないのが一般的となります。

しかし、法律上の定めではありませんので、必ずしも年次有給休暇を取得した日について通勤手当を支払わなくてはならないということにはなりません。

本来、通勤手当には、実費弁償的な性格があるからです。

したがって、年次有給休暇を取得した日について、通勤手当が支払われなかったとしても、年次有給休暇を取得したために不利益を被ったと見るべきではなく、実際に通勤費用がかかっていないのですから、このような実費弁償的な性格の手当である以上やむを得ないと考えられます。

ただし、このような取扱いをするためには、就業規則等で、「通勤手当は、実際に出勤した日についてのみ支給する。」とするというような根拠が必要だろうと思います。


→ 目からウロコの会社防衛ノウハウ満載! 無料メールセミナーはこちら


「会社を守る就業規則」徹底解説セミナー

今後の開催予定

2018/01/19(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00
2018/02/16(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナーの詳細

前へ  MENU  次へ

TOP

このページの先頭へ