休日に関するQ&A

代休と振替休日の割増賃金の支払いの違いとは?

Answer

代休とは、休日に労働させた代償として、恩恵的に、別の労働日を休日とすることを言います。

代休を与えても休日労働したことに変わりはありませんから、労基法上の割増賃金(法定休日労働であれば3割5分、所定休日労働であれば2割5分)を支払わなければなりません。

例えば、1時間あたりの賃金が1,500円の社員に8時間の法定休日労働を命令した場合、割増分を含む賃金=1,500円×1.35×8時間=16,200円、を支払わなければなりません。

この場合において、その後、社員が代休を取得した場合には、賃金控除=1,500円×8時間=12,000円、をすることができます。(ただし、就業規則にその根拠が必要。)

したがって、差額の4,200円は、少なくとも支給する必要があるということになります。

一方、振替休日は、休日労働が発生する前に、予め、労働義務のない日である休日を、労働義務のある労働日に変更し、その代わりに他の労働日を休日に変更(振替え)することをいいます。

休日を振り替えるためには、就業規則の規定が必要です(※規定がなければ、個別に同意を求めなければならない)。


→ 目からウロコの会社防衛ノウハウ満載! 無料メールセミナーはこちら


「会社を守る就業規則」徹底解説セミナー

今後の開催予定

2017/12/15(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00
2018/01/19(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00
2018/02/16(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナーの詳細

前へ  MENU  次へ

TOP

このページの先頭へ