休日に関するQ&A

代休を取得させた場合、賃金を支払う必要はありますか?

Answer

代休を取得した場合は、本来の労働日に就労していませんが、使用者からの就労免除のため、賃金は発生することになり、割増賃金の支払義務もあるといえます。

目 次

  • 代休の割増賃金

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナー

今後の開催予定

2018/04/13(金) 満席 受付終了しました
2018/05/11(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00
2018/06/08(金) 受付開始 9:30 セミナー開始 10:00~17:00

「会社を守る就業規則」徹底解説セミナーの詳細

お役立ち教材

代休の割増賃金

代休を与えたとしても、休日労働をさせた事実は確定していますので、割増賃金を支払わなければなりません。

代休を取得した場合、代休取得日には、本来の労働日に就労してはいませんが、使用者からの就労免除であるため、通常賃金(1.00)は発生することになり、法定休日労働であれば3割5分(0.35)、所定休日労働であれば2割5分(0.25)の割増賃金の支払義務もあるといえます。

しかし、就業規則に「代休が付与された場合は、割増部分のみ支払う。」という規定があれば、包括的同意による相殺であり、その相殺には合理性があるといえますので、その規定通り、0.35、あるいは0.25のみの支払いで足りるものと考えます。

現在、慣行での取り扱いがあるのであれば、その旨を就業規則に規定するべきでしょう。


前へ  MENU  次へ

TOP

このページの先頭へ